山形県庁舎 外壁改修工事 HJ&V工法

工事中の山形県庁舎外壁改修工事におきまして、弊社施工のHJ&V工法(ホットジェット&バキューム)無事終了いたしました。

山形県のシンボルでもある県庁舎工事に携われたことを誇りに思います。高圧洗浄工事時に問題となる洗浄汚水の飛散防止対策として施工しました。

HJ&V工法(ホットジェット&バキューム)とは、超高層マンションやビルの外壁または屋上防水面の高圧洗浄の際に洗浄汚水の同時回収が可能となった工法です。近年では環境汚染対策のため汚れた水をそのまま地面や側溝に流せない自治体が現場が増えており、当工法を使用することで安心安全な高圧洗浄が可能となります。温水(~80℃)を使用し、洗浄後の汚泥水を回収します。最終的な濁水はろ過します。