注入工事

タイル面、石張り面、モルタル塗り面などを確実に適したアンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法(FST工法)は、マンションやビル外壁の剥離落下を防止する最も優れた技術です。10年間の生産物賠償責任保険による手厚い保証体制が確立されています。
・低騒音、低振動、無粉塵
・空隙部の粉塵つまりなし
・何層の剥離層であっても、確実に樹脂注入が可能
・確実な外壁固定が可能
・穿孔時の共浮き、樹脂注入時の共浮きなし
・共浮き防止機能付
・施工の仕上がりが非常にきれい
・一般ピンニング施工の1/2の施工工程
FST工法は、NETISに登録されている新工法です。
NETIS登録番号:KT-150123-VR

FST工法、FSコラム工法、アンカーピンニング部分(全面)エポキシ樹脂注入工法、ニュークイック、樹脂注入、剥落防止、モルタル注入、石張り注入、タイル注入、タイル張り、石張り、タイル張替え、エポキシ樹脂注入、タイル剥落、外壁剥落、モルタル剥落、多層空隙注入、特許ノズル、FSノズル、低振動ドリル、騒音解消、ラスタータイル、スクラッチタイル、磁器質タイル、せっ器質タイル、モザイクタイル、目地、ステンレスピン、スプリング