診断・調査

赤外線調査
建物の外壁表面に太陽光などが当たると、健全部はコンクリート躯体にスムーズに熱を逃すため、表面温度はあまり上がらないが、不具合箇所では、剥離部の空気層が断熱材の役割を果たすため、健全な部分よりも表面温度が高くなります。この温度差を赤外線サーモグラフィで測定することで、外壁の不具合箇所が発見できます。

打診調査

打診棒及び目視調査による調査は、1箇所1箇所を打音にて判断し、図面にプロットを行います。空隙のある部分は音の変化が違います。クラックあ欠損などはクラックスケールを使用し確認していきます。

内視鏡調査

内視鏡を使用した外壁内部の調査
事前に外壁仕上げ面の内部調査を行っています。
浮き層の位置や外壁表面から躯体コンクリートまでの距離など調査困難な箇所を測定可能です。

目視・打診調査・赤外線調査(サーモグラフィ)・雨漏れ診断調査、漏水調査、調査報告書、外壁内部調査